Homeニュース変幻自在の天才ジョニー・デップが新境地へ! 『MINAMATA―ミナマタ―』WEB限定予告編が解禁

変幻自在の天才ジョニー・デップが新境地へ! 『MINAMATA―ミナマタ―』WEB限定予告編が解禁

-

9月23日(木・祝)にTOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開されるジョニー・デップ製作/主演最新作『MINAMATA―ミナマター』。

© Larry Horricks

熊本県水俣市のチッソ水俣工場による工業排水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く日本における“四大公害病”のひとつ水俣病。その存在を世界に知らしめたのが、写真家ユージン・スミス氏とアイリーン・美緒子・スミス氏が1975年に発表した写真集「MINAMATA」です。ジョニー・デップ自身が長年の憧れだったと語るユージン氏。彼の遺作ともなったこの写真集を基に、ジョニー自身の製作/主演で待望の映画化が実現しました。

映画では、報道写真家として功績を評価されながらも心に傷を抱えたユージン氏が、当時の妻アイリーン氏とともに水俣を訪れ1971年から1974年の3年間現地で暮らし、人々の日常や抗議運動、補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていく濃密な日々がドラマチックに描かれます。

共演はビル・ナイ、日本から真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、など実力派キャストが集結。音楽を手掛けたのは坂本龍一。公開に先駆け、いち早くジョニー・デップの演技を堪能した人たちからは「ジョニー・デップだからこそできた作品」、「いい意味でジョニーがジョニーに見えない」といった声が上がっています。

真田広之、國村隼も絶賛

この度、早くも話題沸騰中の映画『MINAMATA―ミナマター』よりweb限定予告編がお披露目されました。世界的ハリウッドスター、ジョニー・デップ。ティム・バートン監督との初タッグとなった『シザーハンズ』で、顔面蒼白、ハサミの手をもつ人造人間という奇抜なビジュアルで一躍有名になり、『ギルバート・グレイプ』や『ショコラ』など、良質なドラマ作品にも数多く出演。

メジャーからインディーズまで幅広いジャンルで活躍。2000年以降も『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでの酔いどれ海賊ジャック・スパロウ船長、『チャーリーとチョコレート工場』のおかっぱ工場長ウィリー・ウォンカや、『アリス・イン・ワンダーランド』のおかしな帽子屋マッドハッターなど、クセが強めながらも世界中で愛される数々のキャラクターから、実在の犯罪者を演じた『パブリック・エネミーズ』や『ブラック・スキャンダル』など色気すら漂う伝説のアウトローまで。作品ごとにまったく異なる表情を見せる彼の姿は、カメレオン俳優とも評されています。

そんなジョニー待望の最新作の舞台は日本、熊本県水俣市。水俣にすべてを捧げ、命を削りながら撮影を続けた伝説の写真家ユージン・スミスを演じています。今回、主演だけでなくプロデューサーとして製作にも携わることを熱望したジョニーは、長年憧れだったユージンの遺志を引き継ぎ、まさに今の時代につくられるべき作品だと明言。

映画でのジョニーの姿は、まさにユージンそっくりだとすぐさま話題に。当時のユージンを知る人たちからも、まるで本人のようだと感動の声が上がっている。さらにジョニーの長年の友人であり、ビジネスパートナーでもある製作のサム・サカールは「私は人生のほとんどで、彼が素晴らしいキャラクターを生み出すのを見てきた。だが、本作での彼は、そんな私まですっかり驚かせてくれた」と感嘆の声をあげます。

長年のパートナーですら見たことのない、役者を超越したジョニーの姿がここに。

解禁されたweb限定予告の映像では「私にとって一番の挑戦は実在人物を演じる責任だった」とジョニー自身が本作を振り返る。続けて日本人キャストがジョニーの演技を称賛。「そこに居るだけでユージンに見えてくる」と真田広之が語り、國村隼も「ユージン役はジョニー・デップしかいない」と絶賛。ジョニー・デップ史上最高傑作との呼び声も高い本作。ジョニーがキャリアの全てをかけて伝えたかったことは一体何か、是非その目で確認を!!

『MINAMATA―ミナマタ―』
9月23日(木・祝)TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here