Homeテレビ藤原紀香語る「80年代W浅野」の衝撃…容姿にも憧れた当時

藤原紀香語る「80年代W浅野」の衝撃…容姿にも憧れた当時

-

育った場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代にはやったドラマや歌の話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

「’80年代のエンタメがあったからこそ、この世界に興味を持てたのかなと思います。歌番組は欠かさず見ていましたし……。なかでも’80年代を象徴するアイコンは、浅野温子さん(59)と浅野ゆう子さん(60)のダブル浅野かな。お2人が共演したドラマ『抱きしめたい!』は、主題歌の『アクアマリンのままでいて』(カルロス・トシキ&オメガトライブ)が耳に入るたび、今でも映像が浮かびあがるほど印象に残っています」

こう語るのは、’80年代、多感な中・高時代を過ごした藤原紀香さん(49)。当時の思い出の作品である『抱きしめたい!』は、’88年夏にフジテレビ系のナショナル木曜劇場の枠で放映された。

スタイリストとして自立しているキャリアウーマン・麻子(浅野温子)と、幼稚園時代からの腐れ縁で、麻子に甘え、ときには麻子のボーイフレンドも誘惑する自由な専業主婦・夏子(浅野ゆう子)の2人の主人公が、バブル景気に沸く都会的なライフスタイルのなかで織りなすラブコメドラマ。

平均視聴率は18.5%で、当時の『女性自身』でも《「抱きしめたい!」ダブル浅野 気になるファッション・カタログ あの服はここで買える!》《3週連続 浅野温子大研究》という特集記事が組まれているほどの社会現象となり、連続ドラマ放送後も、スペシャル版が4作も放送された。

「ダブル浅野のお2人はカッコよく、都会の大人の女性に憧れるきっかけにもなったドラマです」

高校時代は落研に所属。もともと人に楽しんで喜んでもらうことが好きだった紀香さん。自作の“ラジオ番組”のカセットテープを作り、友人に渡していたそう。

「気分はもうパーソナリティ。ラジカセを2つ用意して1つを番組の録音用に。リクエストもお便りコーナーも自作自演でラジオドラマの脚本まで書いて1人何役も。最後は『皆さんからリクエストの多かった中森明菜さんの北ウイングです。どうぞ~』なんて、もう1つのラジカセから曲をかけてエンディング(笑)」

華やかな世界に憧れも抱いていたものの……。

「ふだんの生活は真逆。中・高時代はバスケ部にも所属していて朝練、早弁、放課後も練習漬け。兵庫県といっても住んでいたのは西宮の山に囲まれた場所でしたから、洗練された世界とはほど遠くて」

だからこそ、ダブル浅野や『抱きしめたい!』との出合いは、衝撃だった。

「スポ根女子だった私には、ダブル浅野のファッションがカッコよくて! でも、今見ても、2周回って時代が戻ってきた感もあり、まったく古く感じませんよね。髪飾りひとつとってもおしゃれで、ポロにジャケットを合わせたり、いなかのコが下手にマネすると、イモくさくなりかねないコーディネート。だけど、ジャケットはとてもはやっていたので勇気を出してマネしていました(笑)。そして、お2人ともスタイル抜群で、ベアトップで鎖骨を出す姿は『ネックレスなんていらない。鎖骨がアクセよ』の“元祖”なイメージも。ワンレンやソバージュも憧れでしたが、学校では厳しかったので“大学生になったら、ダブル浅野みたいにオシャレになろう!”と思っていました(笑)」

「女性自身」2021年2月2日号 掲載

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here