Home ニュース 待望の続編! 映画『ワンダーウーマン1984』の映像が公開

待望の続編! 映画『ワンダーウーマン1984』の映像が公開

-

世界中で大ヒットした映画『ワンダーウーマン』。続編の映像が公開された。

ガル・ガドット Gal Gadot, パティ・ジェンキンス Patty Jenkins
ガル・ガドット(Gal Gadot)、パティ・ジェンキンス(Patty Jenkins)

2017年に公開されたガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督の映画『ワンダーウーマン』。それまでシリーズもののヒーロー映画で第1作目の米国興行収入が1位の座に君臨していたのは2002年の『スパイダーマン』。『ワンダーウーマン』はそれを打倒、さらに全世界興行収入記録でも女性監督作品史上第1位に輝くなど数々の記録を作った。そしてついにその続編『ワンダーウーマン1984』の映像が公開された。ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナを演じるのは前作から引き続きガル・ガドット。今回もジェンキンス監督とタッグを組み、圧倒的なアクションを見せている。共演はクリス・パイン、ロビン・ライト、クリステン・ウィグ。

ワンダーウーマン Wonder Woman
(C) 2019 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED TM & (C) DC COMICS

ストーリーの舞台は1984年。恋人スティーブを失い悲しみに暮れるダイアナの前に死んだはずのスティーブ(クリス・パイン)が現れる。再会を喜ぶダイアナ。でもそれが世界の破滅の始まりとなる。予告編に現れる「誰よりも幸せになりたいか? 私が叶えてみせよう」と大衆を扇動する男の正体は? そしてダイアナを待ち受ける最大の敵とは……? 最後にはトレードマークのコスチュームではなく新たなスーツに身を包んだワンダーウーマンが登場する。

courtesy of ワーナー ブラザーズ via Youtube

1作目公開時には胸の前で腕をクロスするワンダーウーマンのポーズも流行、社会現象となった。SNSでも大きな話題になり、2017年にツイートされた映画ナンバーワンという記録も打ち立てた。アクションもスケールもパワーアップした今作が再び世界中を熱狂させそう。日本公開は2020年6月。全貌が明らかになるのを楽しみに待ちたい。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

テイラー・スウィフト Taylor Swift

テイラー・スウィフト、母に脳腫瘍が見つかり、ツアーを小規模に

0
テイラー・スウィフトは昨年夏にニュー・アルバム『Lover』をリリースしたが、それをプロモートするツアーはいつもに比べ小規模なものになる。その理由は、母の闘病にあるという。 テイラーの母アンドレアさんは数年前から癌を患い、一度は克服したものの、昨年春に再発したことが明かされていた。そして残念なことに、その後、脳腫瘍が見つかったそうだ。 テイラーは、『Variety』のインタビューで、母親のそばにいられるかどうかが最も気にかけていることなのかと問われると、こう答えた。「ええ、そのとおりよ。それが理由」「(癌の)治療中、脳腫瘍が見つかったの。脳腫瘍の症状は、これまでに経験した癌のものとは全く違う。だから、私たち家族にとってとても辛い時期なの」 テイラーは、今年は4月に米アトランタで開かれる<Capital One JamFest>に出演後、夏に英国のグラストンベリーほか、ヨーロッパや南米で開かれる数フェスティバルへの出演、およびアメリカでの4公演開催のみ予定している。 「この先なにが起きるか、どんな治療法を選ぶか、わからない」が、いまは仕事と家族を可能な限り両立させたいと考えているそうだ。