Home ニュース トム・クルーズがNASAとタッグ! 国際宇宙ステーションで映画撮影へ

トム・クルーズがNASAとタッグ! 国際宇宙ステーションで映画撮影へ

-

トム・クルーズ Tom Cruise
トム・クルーズがNASAとタッグ!

これまで命知らずのアクションを数多くこなしてきたトム・クルーズが、今度は宇宙で映画を撮影するようだ。現地時間5日、NASA(アメリカ航空宇宙局)長官のジム・ブライデンスタイン氏がツイッターで正式に発表した。

Varietyによると、トムはNASAとパートナーを組み、国際宇宙ステーションで撮影を行うという。発表によると、NASAはこの大掛かりな企画の実現に向けて、新しい世代のエンジニアや科学者たちが触発されることを期待しているようだ。

トムの宇宙での撮影に関しては、現地時間4日にDeadlineが第1報を伝えていた。トムがイーロン・マスクがCEOを務める宇宙開発企業スペースXがNASAとチームを組み、宇宙で撮影するアクション・アドベンチャー映画の制作初期段階にあると報道。ストーリーなど詳しい事はまだ明らかになっていない。

スペースXからは正式にコメントが出ていないが、イーロン・マスクはブライデンスタイン氏のツイートに対して、「とても楽しいものになるだろう」とコメントしている。

クランクイン!

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

リア・ミシェル Lea Michele

黒人男性の死に抗議するセレブたち。人種差別を逆告発される女優も

0
黒人男性のジョージ・フロイドさんが、白人警官により数分間にわたり膝で首を圧迫され死亡した事件をきっかけに、各地で抗議活動が広がっている。多くの人が街に出てデモを行うなか、米音楽業界は2日火曜日、人種差別反対の意思を示すためストライキを決行した。一方、多くのセレブたちが自らデモに参加したり、SNSに連帯を表明するなか、一部の黒人俳優が「自分も差別を受けた」と共演女優を告発する事態も起きている。 ◆有名ミュージシャンにアスリートも……SNSが黒く染まった日 https://www.instagram.com/p/CA5mXclnEiC/?utm_source=ig_embed ヘイトクライムにより犠牲になる黒人市民が後を絶たないアメリカ。今回のフロイドさんの事件を受け、米音楽業界幹部は「人種差別撤廃のために何ができるかじっくり考えながら学ぶ時間にしてほしい」とストライキを呼びかけた。 「Black Out Tuesday(ブラック・アウト・チューズデイ)」と称したこのストライキは、2日火曜日に行われた。これに参加した音楽業界の関係者たちは、通常のビジネスを中断し、ネット上のコンテンツを黒塗りにするなどして、人種差別撤廃運動への連帯を表明した。 ストライキには、ビリー・アイリッシュ、ザ・ローリング・ストーンズ、ブリトニー・スピアーズをはじめ、数々のアーティスト達が賛同した。