Homeテレビ江口ともみ「サバ読んでセーラー服を…」商社内定からグラドル転身の苦悩

江口ともみ「サバ読んでセーラー服を…」商社内定からグラドル転身の苦悩

-

内定先は誰もがうらやむ企業だったが“本当に自分の人生はそれでいいのか”と悩んだという

「’68年生まれの私にとって、’80年代は中学、高校、短大を卒業し、芸能界に入るなど、イベント続き。しかもシメの’89年、21歳のときには夫(つまみ枝豆さん)と出会った。人生を方向づけた時代なんです」

そう語るのは、タレントの江口ともみさん(53)。現在、生放送の情報番組でコメンテーターも務める江口さんが、“生(なま)”に魅せられるようになったのは小6のころ、宝塚歌劇団の『ベルサイユのばら』を見たのがきっかけだ。

「お芝居好きの母と現代劇の舞台なども見に行っていたのですが、とくに宝塚は衣装がきらびやかで、オーケストラの生演奏も大迫力。異世界に連れて行ってくれました。“いつかこんな舞台に立ってみたい”と、夢のようなことを思うようになれたのです」

だからこそテレビ番組も当時、公開生放送をしていた『8時だョ!全員集合』(’69〜’85年・TBS系)が、もっとも印象に残っているという。

「観客席の子どもたちの笑い声や『志村ー!』っていう掛け声がそのまま放送されるから、臨場感があって、私も会場で見ているような感覚になれました」

宝塚とドリフによって舞台の魅力に心を奪われた江口さんは中学・高校時代、英語演劇部に所属。中3のときには、渋谷109の前でスカウトマンに声をかけられ、雑誌にも載った。

「厳しい学校だったので、バレて始末書を書かされました。母も芸能界なんてとんでもないと大反対。でも父は、親族に日本で初めてタップダンサーとしてブロードウェイ・ミュージカルに出演した中川三郎さんがいたこともあり、芸能界に興味を持っていて、篠山紀信さんが撮影する『週刊朝日』の表紙『女子大生シリーズ』に、私の写真を勝手に応募したこともありました。合格したんですが、このときも母の反対であきらめたんです」

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here