Homeニュース西村知美語る伝説のマイケル来日公演

西村知美語る伝説のマイケル来日公演

-

マイケルのお宝本とともに

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代から追いかけているアーティストの話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

「’87年、アルバム『BAD』をリリースしたマイケル・ジャクソンが、初のソロツアーで来日したとき、事務所のスタッフさんが『最高のエンターテインメントだから、勉強のためにも見るべきだ』と、最前列のチケットを取ってくれたんです。目の前でマイケルを見られる席って、どんな人が座っているんだろうと周囲を見たら、ど真ん中に松田聖子さん、その5つくらい横に山田邦子さん、さらに5つくらい隣が私でした」

こう語るのは、芸能界でも随一の“マイケル通”である、タレントの西村知美さん(50)。インタビュー現場にも、数々のレアグッズを持参してくれた。

「これはマイケルの写真や来歴、エッセイが収められている豪華本。世界で1万冊しか発行されていないもので、シリアルナンバーが387番なんです。表紙の裏にあるボタンを押すと、マイケルの肉声メッセージが流れていたのですが……。何度も聴きすぎて電池がなくなってしまったみたい。それでこれはジャクソン5時代に来日した際、スタッフだけに配られた非売品の手袋。マイケルが所属していたモータウンレコードのロゴが入ったレアものですよ。それでこれはーー」

これほどのお宝グッズを入手できたのも、芸能界にいればこそ。だが、デビューはまったくの想定外だったという。

「山口県宇部市の田舎住まいで、東京なんて別世界。“一生に1回、行ければいいな”というレベルでした。中学時代はチェッカーズさんと菊池桃子さんが好きで、テニス部の練習では『ギザギザハートの子守唄』(’83年)に合わせて、素振りをしていましたね」

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here